ハチマル

週刊少年ジャンプで連載中の『サムライ8 八丸伝』を考察するブログです。

サムライ8 八丸伝 第39話 奇襲 感想④

「烏枢沙魔流
星寄せの猫侍
威掻くの花一

金剛夜叉流
星砕きの犬侍
魔噛みの達麻

サムライ8 八丸伝 肩書きとか要らねー!!強さは行動で示して欲しい!!
免許皆伝の
この2人が手を組み闘う姿
よもや目に出来るとは
思わなかった!」(千)

<ギン>

サムライ8 八丸伝 侍同士のチャンバラが見たいと思うのは僕だけだろうか?
「花一…貴様寝返ったか」(アタ)

「お前に言われたくはない!」(花一)

(やはり候剣でくるか…!)(達麻)

「どう来ようが
手の内はどちらかが知っている
読めるぞ!」(達麻)

「師匠…
アンタ達は個別で一つ一つ…
だがオレは二つの流派を皆伝した
唯一の男」(アタ)

(金剛夜叉流・烏枢沙魔流混合流――――

サムライ8 八丸伝 詠唱で噛んだらカッコ悪いじゃん!!
屍界)(アタ)

アタさん(懐かしいのが増えたな)と考えてたのは恐らく花一さんなのだろうと思います。その後、アタさんが二人の斬撃を受け止めた時、「花一」と呼び捨てでしたので、花一さんとはカーラさんの下で研鑽に励んだ兄弟弟子なのかも知れません。達麻花一さん同年代っぽいし、アタさん達麻弟子だから順番的には花一さん兄弟子なのかな?まー…どーでもいいですけど(笑)。花一さん免許皆伝なんですね。しかし流派抜けて免許皆伝そのままなんだ。アタさん金剛夜叉流から烏枢沙魔流に流れて二つとも免許皆伝して両方とも使い放題みたいなので貰ったもん勝ち。これはセキュリティ意識低杉と言わざるを得ません。

サムライ8 八丸伝 アタさんのキーユニットには印籠が見当たらない。
アタさん(キーユニット)が露出した時に達麻のような免許皆伝の印籠見当たらなかったんですが、僕的には「印籠=ドングル(ハードウェアキー)」なのかな?と思ってたんですが、無くてもソフトウェア使えるんであれば飾り…というか「修行をよく頑張ったで賞」みたいなものなんですかね。達麻印籠葉芽道に見せてビビらせてましたし、流派内での序列示す程度なのかもね。それに八丸免許のダウンロード最上位「流星剣」までダウンロードされてまして、ステータス規定満たさない使用できない。逆にステータスさえクリアできれば免許皆伝できる…その侍の精進次第?と考えられるんではないでしょうか?

サムライ8 八丸伝 ステータスなんか設定するから面白みに欠けるんだよ
ところで侍のステータスって「腕力、素早さ、知力、技量センス、引力、キーホルダー、勇、カリスマ」ですが、達麻八丸師弟関係余りにも描かれなさ過ぎ侍の修行よく分かりませんし、これらの数値サイボーグの体においてどのように上げるのかも分かりません(笑)。また達麻の回想夜叉さん「免許皆伝は成しました」と言っているので師匠として何らかのサポートはしてると思いますが、流派を抜けても習得=ステータス値のクリア)した剣技使い放題っていうシステム流派のトップご一考された方がいいのではないかと思います。単独惑星すら屠(ほふ)れるんだから注意して欲しいです(笑)。

サムライ8 八丸伝 免許皆伝は侍側の問題!?一切合切DLしちゃってるので。
もっと段階的剣技ダウンロードして個人見極めるとか、認証そのもの厳格化すべきです。それでも裏切られる可能性排除できないので、やっぱ遠隔ソフトウェア使用制限を掛けられるような仕組みを作るべきです。これには局地戦や通信のジャミング対策スタンドアローン動ける配慮災いして介入し辛いのでしょうか?それなら、ソフトウェア定期的なアップデート義務付けサーバーアクセスした時に不穏分子弾くようにする手もあります。それでアタさんみたいな剣士になるリスク防げたと思います。しかし、まー…今回はそのお陰で花一さん味方になってくれて助かってるんですけどね(笑)。

それで、とうとう「アタさんVS達麻&花一」開戦されましたが、達麻花一さんには10分の時間制限があるので、アタさん時間稼ぎし始めれば詰みなのだけど、達麻達にはそういう想定はなかったんでしょうか?アタさん「ま…師匠、お茶でも…どうぞ」ってやるだけで花一さん達麻状況は同じ筈なので「眠気が…」ですもん(笑)。それなのにいきなりイケメン化して飛び出すのは無謀でしかありません。しかも、アタさんにはニリ姫「祈り」がありますから「勇」半端なくて同じ免許皆伝同士でもステータスが上の方が威力があるんですよね。それらを推しても達麻花一さん行くしかなかったのでしょう。

しかし、この場合、戦術的には別働隊が敵の姫を叩く!!というのが定石に思えますが、千ちゃんTVの実況役みたいになってますし、八丸ポップコーン頬張っている(ウソ)。アタさんの側はしっかりと一角〜七角までがニリ姫護衛してるのにね。双方の意識違い過ぎ勝敗が決してる感すらありますね。それでも八丸達がここで勝利を収める展開になっちゃうんでしょうか?達麻花一さんサクッ殺られる寝落ちでもした後、大ピンチになるけど突然現れた第三極助けられて、こんなもんか…と子供ら勘違いして困るかー。やっぱ最期まで自分らで何とかしようと足掻いて欲しいと僕は思います。

具体的には千ちゃん単独でもいいし五空八丸を従えて敵母艦強襲するとか、苺ちゃん三打切腹の儀」決行ですかね。ロッカーボール遮那家義常散体して還元されたロッカーボールと、達麻黒馬で運んでいた馬侍のロッカーボールが(描写がないけど…)洋犬搭載されてる可能性は残しています。苺ちゃん心眼持ち予知能力までありますから、現状を打破する為、或いは自分が生き延びる為手段として切腹の儀」企図できると思います。それがなれば花一さん曰く「銀河一強い侍になる娘だ」(ep36/花一と五空)なので、免許のDLまではできそうにないけど最高の戦力になると思います。

サムライ8 八丸伝 苺ちゃんは『EATER』の清水青子だよね。
それにになれれば宇宙空間投げ出されて〜の即死免れます。それは三打も同じなので、こんな時にTV観戦なんて悠長な事してないで、生き残る為最大限の努力してもらいたいもんだなーと思います。非常に余談ですが、苺ちゃんは僕の大好きな漫画作品である『EATER』(うすね正俊先生)に登場する青子(清水青子)みたいなもんかな…と、僕は思ってまして、此の期に及んでも彼女が侍化して盤面をひっくり返すくらいの一発逆転が可能だと思うんですよ。何なら今から八丸言葉責め散体させて還元されたローッカーボール苺ちゃんにした方が何ぼか有意義だと思うので是非ともそうして下さい(笑)。

 サムライ8 八丸伝 第39話 奇襲 ハチマル ケルベロス 

サムライ8 八丸伝 第39話 奇襲 感想③

『急速に烏枢沙魔の艦が接近中
戦闘態勢に入って下さい』(洋犬AI)

「達麻!
奴ら艦を自性輪身して速度を上げている!
すぐに来るぞ!どうする!?」(花一)

「あのデカブツをか!?」(一体
どれほどの侍魂を使ったというのだ!!」<スッ>(達麻)

サムライ8 八丸伝 10分で片付かなかったらどうするつもりなのですか?
<ズポ>「花一!拙者と2人で迎え撃つぞ!
猫又は出せるか!?」(達麻)

サムライ8 八丸伝 これも心眼の為せる技なのか!?

「洋犬で行く気だな!
なら私の体も解放してくれ!」(洋犬)

(……この感じ!
懐かしいのが増えたな)(アタ)

「竜騎で出る!
ニリ姫祈りを頼んだぞ」(アタ)

「ええ」(ニリ)

「花一師匠の人の姿に猫又……
現実で見るのは初めてだ」(五空)

サムライ8 八丸伝 もう演出がめちゃくちゃ
「お前の師匠って
…どっかで見た事あんだよなぁ」(八丸)

サムライ8 八丸伝 H粒子なのか?h粒子なのか?再版できないから難しい(笑)。

リアルの仏教用語「三輪身」とは如来「自性輪身」如来の本来の姿)「正法輪身」(菩薩の姿)「教令輪身」(忿怒尊の姿)を、教導すべき衆生の性質に合わせて発現させる事を言います。しかし、この物語における「自性輪身」侍魂を用いたチートを指すようです。アタさん八角(八丸)回収する為に「分身体」を拵えた時には素粒子「H粒子」(ラージH)濃度調整して、侍魂にして分身体を作ってたのを見て(ep8/ゆっくりでよい)、僕はその分身体「自性輪身」称しているのかと思ってましたが、どうやらあの描写アタさん分身体「自性輪身」という状態にしていたようです。

サムライ8 八丸伝 自性輪身の状態なのなー
アタさん星位大将軍ムジンさんチョイッ捻った回(ep10/ターゲット捕捉)で、サ姫アタさん「アレは…自性輪身の状態だ」と言ってましたね。恐らくこの宇宙に本来在った素粒子に取り付いた「h粒子」不動明王粒子?)配分(=濃度)を調節して物質としての重さ(質量)「0に近づける」(アタ・ep8/ゆっくりでよい)のだと思います。質量が限りなく「0」になれば速度光速より近付けられます。今回も達麻花一さんアタさん達速度想定外に速く慌てていますので、きっとそこからアタさん達「自性輪身」利用しているしかないと分析したんではないかと思います。

アタさん分身「自性輪身」状態にするに当たって侍魂一個必要だった(と思われる)ので、アタさんの艦龍ちゃん「自性輪身」状態にする為には相当量の侍魂必要になるでしょう。アタさん達は星を角弾頭ぶっ壊し侍魂セッセ回収していましたから、それを使ってデカブツ(龍)自性輪身化成功したのだと思います…が、侍魂集めるのはカーラさんの命令で、それをこんな風に消費してアタさんカーラさん叱られないか心配になりました(笑)。きっと、その任務より八角の回収の方が優先順位高かったのかな?八角回収してしまえば烏枢沙魔「合鍵計画」コンプしちゃうからオKなのかもね(もう…知るかー)。

サムライ8 八丸伝 三輪身の力にはすっごく期待したんだけどー
ところでこの物語の取っ掛かりの第1話八丸切腹の儀を経てになったところで達麻「三輪身の力を得た…つまり…お前はになったのだ」と言ったのを聞いて、僕は先の「三輪身」「三輪観」(自性輪身、正法輪身、教令輪身)則って、侍姿を変えて闘うんじゃないかと期待してたんです。例えばDBのスーパーサイヤ人2、3ステージ上げて行ったように、姿を変えて最後は「阿修羅像」みたいに何本も腕を生やしたり、頭が全方位に向いたりしてとんでもない格好になって闘うのでは!?期待してたんですが、その前にお話がとんでもない事になってしまって叶わぬ夢に終わりそう(笑)。

アタさん達お大尽侍魂消費して「自性輪身」かっ飛ばして来た(光速に近い速度)為に達麻花一さんがこんなに焦っているのですが、八丸五空、それににはそのような切迫した感覚がありません。彼らもなんだし、師匠の達麻右目のプチ侍魂抉り出して騒いでるんだから只事ではない分かっていいと思うのですが、大画面モニター観戦してて、アンちゃんが気を利かせてお茶など煎れたりしたらまたソファーに座ってまったり過ごしちゃいそうな雰囲気です(笑)。でも、彼らはまだ駆け出しの侍で、年端もいかない子供仕方ないかーと思うんですが、よーく見たら千ちゃん一緒にモニター観てるしー(笑)。

千ちゃんって花一さん捕まえに来た筈なんだけど、捕まえない事いつの間にかなってしまってて、そしたら普通は原隊復帰する…つまり精鋭特務隊帰るべきだと思うんですけど、なんで達麻達と一緒に宇宙旅行してるの?暇なの!?(笑)八丸達保護観察残ったのかな?それにしても寛ぎ過ぎじゃないですか?仮にも達麻花一さん10分しか活動できないリスクを負って人の姿になって飛び出したんだから、それをフォローできるように千ちゃん自身武装するなり、生身の人間苺ちゃん姫達、それに三打ノーマルスーツ(宇宙服)着せるなりしないとマズイと思うんですけど…めっちゃまったりてますもんね。

サムライ8 八丸伝 一角から七角まで7人が揃ってますわ。
それと、非常に余談ですが、ニリ姫取り囲むように一角から七角までが全方位警戒立ってますけど、やっぱ7人いるんですよ。これが6人とかだったら、こそっと◯角洋犬忍び込んで、五空正論ノックアウトされた八丸暗殺(→回収)して、そのまま八丸化けてアンちゃんとしっぽりイチャイチャしたんじゃないかと妄想膨らませたんですが、しっかりと7人居てダメだった(笑)。もしそうだったら、八丸別人化(←別人なんだもの)も上手く説明できたし、アタさん達麻花一さん散体させる頃には、偽八丸洋犬のクルー皆殺しにしてFinしちゃうめっちゃダークな幕引きかー!?盛り上がれたのにね(笑)。

 続きまーす!!(書き足りないとこは次の感想で補足しますね)

業務連絡(200225)

ハチマルケルベロスです!!全てのアクセスに心より感謝致します。

サムライ8 八丸伝 心眼が足らぬ

本日は仕事の都合感想お休みです。どんな事があってもこの作品最期まで見届けようと思っています。随分と酷い事を書きましたけど根底にはがあるのだとご理解頂ければ嬉しいです。僕は何かを行う人尊敬尊重します。何もしなければ失敗はしません。でも何かをして失敗するのと何もしなくて失敗しないのとは永遠に違います。僕はそれでも何かをする人であろうと思います。表現する事はとても楽しい事だから。

では、明日の定刻に又。

 ハチマル  ケルベロス

サムライ8 八丸伝 第39話 奇襲 感想②

<ビクッ>「……来る」(苺)

「どうした苺?」(花一)

「…!」(花一)

サムライ8 八丸伝 あー言っちゃったよ…と思ひますた

「みんな…やられちゃう…」(苺)

「!!」<ビクッ>(これは…)(花一)

サムライ8 八丸伝 二人ともこれが…今生の別れになるのかと思うと

「!!」(速い!!どういう事だ!?)(達麻)

「!!」(アタの引力!!近い!!)(八丸)

サムライ8 八丸伝 もう八丸の成長は成った事になってるんだー

<ギュオオオオオ>

お楽しみ中八丸アンちゃんには大変申し訳ありませんが、どうやらアタさん達達麻花一さん想定できないような速度接近しているようです。八丸アタさん引力を感じています。これは風雲急…と申しますか、僕がブチ切れたお座なりな八丸の仕上げから察するにこれが最後のエピソードになるでしょう。その判断決め手苺ちゃん「みんな…やられちゃう…」であります。これは苺ちゃん住んでいた星アタさん達吹っ飛ばされる前に彼女が宣うた「爆発して死ぬのに?意味ないよ」匹敵する衝撃で、苺ちゃん予言通り苺ちゃんの星爆発しましたから、今回も皆やられます

サムライ8 八丸伝 「爆発して死ぬのに?意味ないよ」は名言

肝心なのはそのやられ方かも知れません。興味深いのは「爆発して…意味ないよ」コマの一つ手前のコマ「アタシ達を巻き込んで死ぬの→それが光って見えて夜空の星になる→アタシも星になるの」という苺ちゃんセリフです。苺ちゃん心眼未来予知の能力備わっていることは確実であります。そしてこの言葉は苺ちゃん苺ママカウンセラーこれを告げた時点での予言であります。つまり、何もしないでいると(このまま何も起こらないと)苺ちゃんを含める全ての人爆発して星になっちゃうよーという未来苺ちゃん示している訳です。しかし、苺ちゃん生き延びており予言外れたかに思えます。

サムライ8 八丸伝 苺ちゃんのこのセリフが唯一の救いだー

しかし、この直後、苺ちゃん五空攫われ白兎(仮)を駆る花一さん瞬間移動によって難を逃れます。五空花一さん、それと白兎(仮)出現により未来が変化した訳です。SWのヨーダ(←恐らくは達麻が目指した師匠カリスマ)も仰っておられますが、「未来は揺れ動いている」のであります。苺ちゃん察知した未来予言瞬間的なビジョンであり、そこで新たに何か行動を起こしたり、偶然に何か新しい要素が追加される事で変えられる未来なのだと思われます。だから苺ちゃん「みんな…やられちゃう…」現状の戦力では迫り来るアタさん達によって殲滅させられるという明確な未来なのです。

八丸達現有戦力だけでどんなに足掻いてもアタさん達には勝てないし、逃げるという選択肢アタさん達想定外の速度により否定されますから、生き残る為には戦うしかありません。しかし、苺ちゃん予言明確な未来を示しているので、現状の戦力に何かしら新しい要素加えるしか残された道はありません。ここで何故だか僕はNARUTO -ナルト-第一部の終盤「サスケ奪還編」憶ひ出すのであります。あれは今も胸熱怒涛のベストバウトの塊僕の漫画道中核今も在り続ける金字塔…!!中でもその頂点とも言える…砂隠れの三兄弟我愛羅カンクロウ・テマリ)の登場シーン想ひ出されるのです。サムライ8 八丸伝 この時ばかりは萌えに萌えたものね!!

いやーあの見開き捲った時には全身総毛立ったものね!!(ヨシッ!!)心の中叫びましたとも!!僕は少し甘えん坊なところがあってピンチの時には誰かに助けて貰う事ばかり考えちゃうのがいけない…とは分かってはいるのだけど、偶にはイイじゃん!!(笑)岸本先生はそこんとこの塩梅をよーく分かっていらっしゃってNARUTO -ナルト-では大ピンチ突然現れた誰かに救われる展開というものは極めて少なかったと記憶しています。自来也先生の時もそういうのが無かったですし…。でも、だからこそ、ここぞ!!という時に出してくれると思っていますし、だからこそ効果的なのだよ!!(笑)サムライ8 八丸伝 残りの三本が八丸達の生命線になる…はず

そういう訳で、甘えん坊だ何だと叱られようが、今回ばかりは助っ人の登場切に願うケルベロスであります。それでこれまでのお話の中でそれに該当する描写探したんですけど、八丸免許のダウンロードを経て「光の線」仲間(箱の鍵)の居場所分かるようになったじゃないですか?それで五空(苺ちゃん)の位置特定できた訳ですが、他にも3条の「光の線」が伸びてました。つまりあと3人既に侍として存在している事を提示しているのです。現状、八丸、竜、悟空3人確定で、三打侍候補とすれば4人でありますから、それに未だ見ぬ3人「箱の鍵」加わる余地がある訳です。

サムライ8 八丸伝 こいつの名前は「四華丸」でいいよ!!もう(笑)
具体的
には見下星のバトルロイヤル参加してた姫持ちの鹿侍(四華丸?)と、赤木城ナナシくん八丸を追いかけて切腹の儀式成功していればいいなと思います。八丸接点があった時点で「箱の鍵」候補みたいなもんですからね。しかし、あと一人が見えない…っていうか全く描かれてませんしね。苺ちゃん一番を埋める可能性は残された3条の「光の線」厳しいんですよね。ま…それは三打切腹の儀式パスするのが前提なんですが…。三打儀式には馬侍のロッカーボール(黒馬が運んでいたがMIA中)か亡父・義常散体した時に遺したロッカーボール(洋犬に積み込んだ描写なし)があれば何とか(笑)。

そして、「箱の鍵」コンプさえしちゃえば、不動明王の提示からパンドラの箱自ずと見つかると思うので<パカッ>蓋を開けて終幕するのではなかろうか…と、昨今の風呂敷の雑な畳み方を見てて僕は予想しております。まー…現有戦力ままだと「みんな…やられちゃう…」なので八丸桁外れ「引力」3人「箱の鍵」引き寄せ一気通貫(一通)」上がっちゃうしかない…アワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ…しかし、それだと「役牌」以外の「捨て牌」とも言えますから…これからいろいろと悲しい事起こるであろう事は心眼もなく、ましてや予知能力なぞない僕にも分かり〼

 続きまーす!!

サムライ8 八丸伝 第39話 奇襲 感想①

「兄さん…て?」(八丸)

「!
あっ…」(アン)

「誰の事?」(八丸)

「わ…私には兄がいたの
さ…侍に憧れていた…人だった」(アン)

「八丸の奴
どこ行っ…」(三打)

「!」(竜)

<スッ>(達麻)

「?」(竜/三打)

「何でそこで
兄さんが出てくんの?」(八丸)

「……」(アン)

「?」(八丸)

「は…八丸くんは兄と似てて…
兄さんを…お…思い出すから」(アン)

「思い出す…って
兄さんはどこに?」(八丸)

「あ…兄は侍の切腹の儀に…
失敗して し…し…

死んだの」(アン)

「…!!」(八丸)

サムライ8 八丸伝 八丸にカスリもしなかった回想を引用されましても…

ちょっと一言!!:アンちゃんお兄さん七志の回想アンちゃん脳内でのみ再生されていたんですね。八丸に何か打ち明けたとか全くなくてカスリもしてない案件。それでいきなり「兄さんがー!!!」とか叫ばれて<ポカン>となった後に恐怖すら押し寄せてキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!よくそんなネタ引っ張って来たもんだし、何だかこのネタだけでアンちゃん八丸ギクシャクしてたみたいな展開なのが納得できません。もうちゃんと描きこむ時間的な余裕がないんだろうなー。人としてちゃんと!!…というお話の筈なのに描く方ちゃんとしてない…っていうのはmjd情けないなーと思いますけど。

「わ…私たち兄弟は皆から
”名無し”って呼ばれてた
あ…兄は養家に入っても
な…名前をナナシのままにした

さ…侍として七つの志を「義」にするって
七と志を合わせて七志にするって」(アン)

(名無し…そう皆に呼ばれてるわ)(ナナシ)

(そうか…なるほど
アンも…ナナシと同じ街の出身だったな)(八丸)

「で…でも一つ数え間違えてて
こ…志は八つあったの
その八つ目は…

わ…私を死んでも守りぬくって…志だった
全部で八つの志が兄の侍の「義」になる
……はずだった」(アン)

<トン>(八丸)

「アンを守りぬく……
オレと同じ「義」もあったのか
だから…兄さんとオレを重ねて」(八丸)

「に…兄さんは私に姫になってくれって
だから私は…ひ…姫になる修行の道へ入ったの

でも…

あ…兄を思い出すのが…つ…つらくなって

兄を…わ…忘れたくて

サムライ8 八丸伝 漬物石の回収キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

ちょっと一言!!:アンちゃん八丸儀式で使ったロッカーボール漬物石にしてたのを馬侍盗まれて…となったのは納得できるけど、ロッカーボールを見たくないから漬物石にしたというのは理由にならないです。七志亡くなって姫になる意味がなくなったんだったら姫修行辞める筈。生きる為に仕方なく続けたんであっても漬物石代わりにするのはちょっと酷くないですか?余談ですが、アンちゃん運んで壺に乗っけたの?ロッカーボールってそんなに軽いの?アンちゃん怪力なの?ロッカーボール姫様の思うように動くの?(知るかーッ!!!)

私はいつも強がって
か…悲しくないフリをしてた

そ…そんな時八丸くんに出会ったの

さ…最初は気付かなかったけど
八丸くんは兄と色々なところが
似てるって分かった
び…びっくりするぐらい

アナタはまるで兄さんだった

…兄さんが私の側に来てくれた気がした
し…死んでもまだ
じ…自分の「義」を守ろうとしてくれるって…」(アン)

「……そっか
そういう事か…」(八丸)

「今は―…兄さんとオレの違いが見えて…
つい避けてしまった
それに…前
アンが急に優しくなった違和感も分かったよ」(八丸)

「………アン」(八丸)

「!」(アン)

サムライ8 八丸伝 こんな風にアンちゃんを受け止められないから困ってた訳で

ちょっと一言!!:ここが今回一番頭にキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!八丸いつからこんな風に人の悩みを聞いてそれを自分の中で咀嚼して相手を許せるようになったのか分かりません。これができないから五空突っ込まれてたのに、その問題(ちゃんとした人)が全くなかったかのように扱われてませんか?また別人化かッ!!??キリク姫相談してから二人が会った筈だからそんな時間経ってないでしょうーよ!!それで何で八丸違う人みたいに人間出来上がってんの?!何で「ちゃんとした人」になってんの!?ホントにこんな状態商業印刷に乗せるとか…人としてちゃんとしてないです!!(笑)

「オレはアンの兄さんじゃない
八丸だ」(八丸)

「!」(アン)

「完璧に……
君の兄さんの代わりにはなれない
オレは八丸として君を守りたい

……

アンが優しくしたかったのは
オレじゃなくて
兄さんの面影に対してだ」(八丸)

「……ご…ごめん
わ…私の方こそ八丸くんを
ちゃんと見てなかったのかも…」(アン)

「お前を人と見るか猫と見るか
お前の両面を知っていれば
どう見ようとするかは人によるのだ」不動明王

「八丸を見て……
兄と見たか」(達麻)サムライ8 八丸伝 サンドイッチマンに二人に突っ込んで欲しい!!

ちょっと一言!!:もうここ…意味が分かりません!!日本語も分からなければアンちゃん八丸七志重ねてたのをすんなり受け入れて納得しちゃえるのか?(二人のギクシャクの問題以外にも…何もかも)達麻不動明王の言葉に準(なぞら)えて八丸七志あってもいいアンちゃんにはそう見えていた…をどうしたら納得できるんですかー!!??もう全ての意味が分かんないし、二人を結ぶ強い「引力」とか「運命」(の侍様)とか何だったの!?アンちゃん八丸七志重ねて好き(^з^)-☆っていうのが「運命」なの?!いい加減にしないとオッチャンはmjd怒るよ!!??(笑)

「でも――」(八丸)

「!」(アン)

「アンの想いや大切なものが知れて
ちょうどよかった!」(八丸)

「自分のありのままを知ってもらった方が
相棒って気がする…かぁ

確かにうらやましいもんだな
竜」(三打)

「何がだ?」(竜)

「あ~~~~~!!!
なんかスッキリした!!」<グイッ>(八丸)

「…じゃあ今度は
今度こそはオレの言葉として
受け取ってほしい!」<ガッ>(八丸)

「え?」(アン)

「オレはせいいっぱい
いや…
死んでもアンを守ると誓うよ!」(八丸)

「フフ…

そ…それは
わ…私が運命の姫だから?
それとも…」(アン)

「いや

アン…君だからだ」(八丸)

「大切なものは
目に見えるところにはない
どう見るか
そして――
どう見せるか…か

やっと

サムライ8 八丸伝 ここはカトちゃんに「ちょっとだけよ〜」してもらうとこ

ちょっと一言!!:A、B、C、D、E、F、G、H、I、J、K……アルファベットにあるように「I」(アイ)の前に「H」(エッチ)がある…(やる事やらないと始まんない故事成語ウソ)。これをナル×ジャンで書いた時に「子供の教育に良くないから訂正して下さい!!」メール烈火のごとく叱られたのを想ひ出しましたー。しかし八丸アンちゃんくらいの年代の子だったら、気持ちよりもそっちの方興味が行くと思うんですよ。綾瀬はるかさん映画『おっぱいバレー男の子らの気持ちケルベロスには痛いほど分かりますとも…。だから八丸アンちゃん見る目性的に未分化過ぎて気持ち悪かったです(笑)。洋犬は是非とも八丸ピンク色の照明当ててあげて下さい(カトちゃん「ちょっとだけよ〜♡アンタも好きね〜♡」カモーン!!)。

互いを本当に
見つめ合えたようだな」(達麻)

「恋をするのは人だ
侍だから姫だから…じゃない

もう…ボクの出番は
なさそうですね
強い「勇」を感じます」(五空)

「何だお前いたのかよ」(三打)

「やっぱりいい奴だな」(竜)

「どうも」(五空)

いやー土曜日新ジャン(13号)がコンビニで並んでて、その時やっと「月曜が祭日(振替)だー!!」と気付いて喜び勇んで購入しますた!!それで目次を開くと『サムライ8 八丸伝』ドベから三つ目に上がってました!!早速、喜ばしい気持ち今話を読んだんですが、もうお話がめちゃくちゃで何とも言えない惨めな気持ちになりました…アワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ…岸本先生何でこんな事になっちゃったんですかねー。ああ…お労(いたわ)しやー。読者として今話をどのように受け止めれば!?ものすごく悩む…と申しますか?不満と落胆しか感じられなくて、何だかんだで腹立ってきました(笑)。

さて、サクッ感想に入りますね。前半のパート八丸アンちゃん和解を描いた部分を一気に行きます。細かく分けて掘り下げようかとも思ったんですが、直ぐに底にぶち当たってしまって(笑)。しかし、これってもしかして慌てて風呂敷を畳むこんな感じかなー…的な描き方ですよね。描き急ぐ…と言うよりは描き焦ってらっさる(笑)。お話フルだけフッといて一部しか活かさないし、物語の根幹に関わるネタですら簡単放棄しちゃって、これじゃー問題のある子供達へのメッセージではなくて、問題のある漫画さんのお話になっちゃう!!かと言ってチャンバラ憂さを晴らせるチャンバラ無いっていう(笑)。

これだと残されたのは「語録」くらいしなくなるので、毎回、不動明王出て来て貰わにゃなりません(笑)。しかし、何で僕がこんなにエキサイトしてるかと申しますと、今話八丸アンちゃん和解する前半パートが全くもって受け入れられんからです。一個前のお話(第38話)のから違和感があったんだけど、アンちゃん八丸関係ギクシャクしてるのがアンちゃん一方的な事情になってませんか?アンちゃん八丸避けてるって、八丸アンちゃんを無視してましたよね。あの時、八丸五空に責められて典型的隠キャになってたじゃないですか!?(笑)それが今話全くなかった事になっているんですよ。

アンちゃんがこの後に及んで七志をいきなり引っ張って来たのも強引だけど、八丸がそんなアンちゃん想いちゃんと吸い上げて自分なりの着地点を見出して、しっかりと地に足をつけてアンちゃん受け止めてますけど、何で八丸はこんなに「ちゃんとした人」なっちゃってんの?!八丸「ちゃんとした人」じゃーないからダメだよ!!って五空に言われてぐうの音出なかったんであって、回が変わっただけ廊下を歩いて別の部屋に移動したくらいの時間ここまで人間が変われるんですか?!そんな簡単に変われないから皆困ってるんですよ!!皆、もがき苦しんで…それでも歩んでいるんですよ!!

そもそもがこの作品って何かしらの問題生き辛さを抱える子供達に対するメッセージなんじゃなかったです!!??八丸なんか集中が苦手で注意があちこちに散らばったり、他人の話が聞けないとかいろんな問題抱えてたと思うんですが、それが8パパの死契機別人化しちゃって、「オレも祭出てみていースか?(befor)」(after:オレも祭り出てみていいですか?<コキ…>)宣う(笑)。お前誰だよ!?っていうのが度々。じゃホントに問題を抱える子供らどうしたらいいんですか!?岸本先生!!!!って僕は思うんですよ。生き辛さを抱えながら生きる子供らに何かメッセージはないんですか!?

回が変わったら何事も無かったように問題が解決しててってなるんなら初めっからフラなきゃいい!!答えがないのに質問なんかするなッつーの!!!!読者舐めんのも大概にしとけよ!!!!世の中にはホントに苦しんでる子が一杯いるんだよ!!!!自分に存在する問題何だかも分からなくて生き辛さの中に浮かんでる子がッ!!!!生半可な気持ちその子らを弄って何も答えを出さないばかりかそのフリさえなかった事にして済ますなら漫画家辞めちゃえよ!!!!お前なんかに描く資格ねーよ!!!!もうペンを折れよ!!!!その前にお前が裏切った子供らちゃんと謝れ!!!!大人として許せねー!!!!

八丸先端恐怖症忘れてるのと訳が違うんだよ!!児童福祉団体集英社訴えても不思議じゃないし、グレタ・トゥーンベリちゃん国連スピーチさせんぞー(=ガンジーが助走つけて殴っていいレベル・笑)。しっかし前半の12頁…これ見て編集さんどう思ったのか聞いてみたいわ。まーダラダラ訳の分かんないお話をして何一つ納得できるところがないって、そっちの方が難しーわ!!!(笑)こんな原稿入稿された段階で前半の12頁燃やせよ!!!(笑)そのくらいの矜持、見せてみろよ!!!お前らに「義」「勇」がないから、読者に何も伝わらんのだよ!!!伝わりっこないんだよ!!!少しは恥ずかしいと思えよ!!!!

……はぁ血の涙です。岸本先生の関わる作品こんな形人目に晒される不本意に僕のを流しています。辛抱堪んなくて酷い事を書いてしまいました。アンちゃん八丸いい感じになったところで五空が出て来て「ボクの出番はなさそうですね」とか八丸の出来納得してるの見て<ブチッ>キレたー(笑)。こんなに簡単に、短時間人は変われんよ。それをあそこまで執拗追い込んだ五空認めてお話をまとめようとしてるの見て目眩しますた。そしてそれに輪をかけて分かんないのが達麻「もう何言ってんのか分かんない!!」って、サンドイッチマンさん突っ込んで!!(笑)。

サムライ8 八丸伝 チャクラの<カゴーン>の画像がみつからなかった…

それにアンちゃん八丸繋いでるのは「運命」だったんじゃーないの?七志の存在「運命」だったの?八丸七志似てるだけ二人が繋がってるの?じゃー八丸何でアンちゃん好きになったのか説明してよ。そこにどんな「運命」あんのさ?!ってい言うか、二人「運命」で繋がってるんなら七志なんて関係ないじゃん!!NARUTO -ナルト-九尾・九喇嘛陽のチャクラ陰(かげ)のチャクラ<ガコーンッ>繋がったみたいに、それこそ強引二人が一つになるのを描けばいーじゃん!!「運命」いちいち理由を付けようとするからややこしくなるのよー(←ベートベングーパン殴るレベル)。

 続きまーす!!(吠えすぎてすみません…命懸けで読んでる者として黙ってらんなくて)

サムライ8 八丸伝 第38話 アンと八丸と五空 感想⑨

「やぁ…」(八丸)

「う…うん」(アン)

サムライ8 八丸伝 どっちも大きなブーメラン投げてて草

「……あのさ 最近…その…
何かオレを…避けてるよね?」(八丸)

「……
ご…ごめん」(アン)

「ごめんだけじゃ分かんないよ!
その理由が知りたいんだ!」(八丸)

「五空……!
あいつが来てから変だよ!」(五空)

「ご…五空さんは
か…関係ないよ」(アン)

「でも!」(八丸)

サムライ8 八丸伝 八丸は恋愛を未だ知らない…。

「わ…私が好きなのは…
八丸くんなんだから!」(アン)

「!?」(八丸)

「…じゃあ……
何で?」(八丸)

「わ…私が見てほしいのは…
侍にとって都合のいい姫じゃない…

わ…私なの」(アン)

「そ…そんなつもりまったくないよ!」(八丸)

「話しかけたらイライラさせて
嫌われるんじゃな…ないかって…
私…」(アン)

「ンなわけないだろ!
オレはアンを守るって誓ったんだから!」(八丸)

「それはアナタを強くする姫として!?
兄さんはいつだって私をちゃんと見てくれた!」(アン)

「……兄さん?」(八丸)

八丸不足しているの「社会性」「論理的思考」である事は明白であります。しかし、それは八丸責任ではなく彼を取り巻く環境所為であります。丸はその意味では被害者なのです。だから今すぐにちゃんとした学校入学させてあげるべきだと僕は思います。これは児童福祉法違反する違法状態なので一刻も早く是正されるべき案件であります。それが無理であるならば師匠の達麻八丸保護者として八丸人間として社会生活が送れるように教育する義務があります。しかし、達麻にはそんな気は毛頭もなさそうなので、やはり達麻にとっては八丸アタさん足止めする為「人質」過ぎないのでしょう。

五空八丸責めるのは御尤もな内容であり、間違ったところ一つもありません。しかし、だからと言って八丸五空争う必要はなくて、五空何と言おうとこれまで通りアンちゃんとの関係継続していればいいのです。八丸どんな人間であろうとアンちゃん八丸どう想うか肝心でありまして、五空二人の仲どうこうする権利ないのです。それなのに八丸は独りでジタバタして自滅しているだけなのです。それは八丸五空言う事理解できないからです。悲しいけど、知性育まれていません。その証拠八丸正論を叩きつける五空に一言も言い返せず獣のように睨み返すしかないのです。

僕らはガッコ10年揉まれ社会生活必要最低限のもの習得できているから八丸不出来さというものがピンと来ないのです。その中には恋愛に関する知見も含まれます。僕は小学校の時に横長の机女の子隣り合わせで座ってた記憶があります。木の机真ん中に彫刻刀だか物差しの角で削って線を引いてそこに筆箱を立てて「空中なし」それぞれの領土決めたのが一番最初の女性経験でした(笑)。そこから何度恋をしましたー。今も胸に残る甘酸っぱい想ひ出。…といった経験八丸には皆無なのであります。もしかしたら八丸性的な感覚を持ってアンちゃんを見ていない可能性すらある聖人ですかー!?

八丸知性だけでなく性的にも未分化のままなのです。だから、アンちゃん告られてそれが何を意味するのか分かってません。八丸アンちゃん恋人としてではなくお母さんみたいな存在として感じてたんだと僕は思います。ご飯を作ってくれたり、自分が戦う時に応援してくれるんだもんね。八丸「恋」未だ知らないのであります。だって僕らみたいに練習してないんだもの!!ガッコも行ってないんだよ!!見る事、聞く事、みんな初めての事ばっかなんですよ!!それなのに達麻師匠筆頭誰も何も教えてくれないんだもの。それなのに「ちゃんとした人」なれる訳ゃーねーだろ!!(笑)

サムライ8 八丸伝 そんなん知らんがな…な気分。
しかし、そんな八丸母のように慕うアンちゃん「都合のいい姫としてではなく私自身を見て!!」と言っておきながら、「兄さんがー!!」とか言い出すから、お前だって八丸自身じゃなくて八丸兄さん求めてんだろーが!!と、でっかいブーメラン投げ過ぎやでーで…となってしまいました(笑)。最後のコマ八丸「兄さん?」ポカン顔シュール過ぎ。そりゃそうだ罠。一度も会った事もない、アンちゃんの回想でカスっただけの関係の兄さん比べられても、そんなん知らんがなーッ!!ドローン引き雄大な自然バックせやろがいおじさん吠えさせんぞ!!

 サムライ8 八丸伝 第38話 アンと八丸と五空 ハチマル ケルベロス 

サムライ8 八丸伝 第38話 アンと八丸と五空 感想⑧

サムライ8 八丸伝 ドライブインに寄った感じやなー①

サムライ8 八丸伝 ドライブインに(ry②

↑八丸が自滅していく様を存分にお楽しみ下さい(解散!!)。

「…侍は姫の事
…どう思ってるのが正解なの?」(八丸)

「そんなの人それぞれ
まずは己の姫を知る事よ」(キリク)

「…今まで何度も別れた侍と姫を見てきたけど
そういう人たちは互いの本質を見ていない」(キリク)

サムライ8 八丸伝 会話になってない事が多いですね(笑)。

「……本質
…侍を失った姫はどうなるの?」(八丸)

「新たな侍と契りを交わすだけよ
…不安…なのね?」(キリク)

「……」(八丸)

「……」(アン)

「せ…千さんは姫様とギクシャク
…したりした?」(アン)

サムライ8 八丸伝 キリク姫キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

「キリク姫とか?
…昔はあったかな
どうした?」(千)

「……」(千)

「さ…最近感じるんです
は…八丸くんが必要なのは
運命のひ…姫で……

サムライ8 八丸伝 アンちゃんの悩みが何気にブーメランな件。

わ…私じゃない」(アン)

「見下星での真剣勝負の時
君たちの間には…特別な繋がりを感じたが」(千)

「そ…それは
私の一方通行な気持ちかも…」(アン)

「なら…」(千)

「直接会って」(キリク)

「確かめてみるといい」(千/キリク)

僕が子供の頃悩みを打ち明けて相談すると言えば「夏休み子供電話相談室」でしたが(笑)、今だったらネットSNSサクッ片付けちゃうんですかね?それにしても僕は昔から変な子だったので、悩み事があっても「夏休み子供電(ry電話する事もなく、かと言って頼りになる人近くに居たわけでもなく結局、誰にも相談せず独り何とかしてた記憶しています。まーそれでも何とかなったんですね。結局、誰かに相談したところで悩み解消すると言うよりは、誰かに話して心の荷を降ろす事はできても、最後は自分で何とかして乗り越えて行くしかないように思います。

結局のところ誰かに相談したところでホントは答え自分の中決まっていて、止めて貰いたかったり背中を押して貰いたかったりするだけだったりします。自分の事なんだから自分で判断してどうにかするしかないんですよね。だから今だったらTwitterでテキトーにボヤいてガス抜きできるのが羨ましいです。ところで『サムライ8 八丸伝』の作中で誰もネットサービスを使ってませんけど、Google先生質問をしないのでしょうか?(若干、アンちゃんカツ8料理のレシピを調べてた)それかSNS連絡取り合ったりもないし、写真すら撮らないです。それに八丸も今は侍ゲーを全くやってませんよね。

壁にぶち当たった八丸アンちゃん番い千ちゃんキリク姫(やっと名前が出たけど遅杉)にそれぞれ相談してましたけど、達麻じゃないのが何気に笑えました。もう全く当てにならんのでしょうね(笑)。しかし、普通だったらそうする前に八丸であれば「彼女 気持ち 分からない」とか「恋のライバル やっつけ方」とかでググると思うんですよ。ま…その前に女体の神秘関係には当然アクセスしてる定期(笑)。アンちゃんも同じような疑問ぶつけてて欲しいですけど、そういうのがなくていきなり千ちゃんキリク姫だったんでしょうか?それとも必死ググってからの相談だったのか?

細かい話ですけど、例えばネットがあれば当然、LineのようなSNSもあるだろうし、そしたら八丸アンちゃん使ってない筈ないんだから、メッセージやり取りもっと違う展開があったと思うんです。Google先生のような検索サービスだってないのはおかしいです。何と申しますか、物凄いテクノロジー存在するのにソフト達麻の配布した侍ゲーだけだったとかあり得ないです。宇宙旅行個人レベルで行ってるんですよね。気晴らし宇宙空間を飛び回るとかある世界なんでしょ?それなのに生活レベルが僕の子供の頃程度に古風なのが腑に落ちない…というか、全然「SF」してなくて悲しいです(笑)。

ま…しかし、食事の時苺ちゃんの席が千ちゃんキリク姫いい雰囲気だったので、千ちゃんキリク姫心眼持ち苺ちゃんお眼鏡に叶ったんでしょうね。それで八丸アンちゃんも悩み事相談足を運んだのでしょうし、このパーティ頼れるお父さんとお母さん的な存在なのかも知れませんね。それと苺ちゃん五空熊のぬいぐるみ手渡すシーンがありました。そこで苺ちゃん屈託のない笑顔喜んでいまして、心眼持ち苺ちゃんにも喜ばしく映っているようなので、八丸とのやり取りにおいては若干ダークでに描かれてましたけど、本当にいい子なんじゃないでしょうか。

ところで、キリク姫八丸「新しい侍と契りを交わすだけよ」サクッと言ってますけど、八丸アンちゃんってその「契(ちぎ)り」交わした描写ってありましたっけ。それに例えば八丸アンちゃん別れて、アンちゃん新しい侍契ったとして、じゃ二人を繋いでる「引力」「運命」って何だったの!?(しっかし簡単に設定をひっくり返すよなー…この作品は)と思います。何でここでキリク姫八丸「(アンタ達は)運命で結ばれてるんだから大丈夫!!」言えなかったんでしょうか?これじゃ相談した意味ないじゃん!!(いろいろと釈然としない展開だわ)と、僕は思うのですが…。

 続きまーす!!

サムライ8 八丸伝 第38話 アンと八丸と五空 感想⑦

「五空お前
生け花のセンスもあるのかよ!」(三打)

「球をメタモルフォーゼさせてるだけさ」(五空)

「カンタンだよ…」<ズズズ…>(五空)

サムライ8 八丸伝 出木杉君の五空は優等生だわ。

「す…すごい!」(アン)

「何がだ?
ただの花と木を作っただけだろ!」(八丸)

「ち…違うよ…八丸くん

サムライ8 八丸伝 八丸はちゃんとした教育を受けるべき(児童虐待事案)。

ひ…人の心は分からない
だ…だから生け花で己を表すの
心を見てもらうために」(アン)

「そう!なら分かったよ
五空がカッコつけてんのかな!」(八丸)

「…は…八丸くん…」(アン)

僕もそうでしたが、ガッコでする(させられる)勉強って何の為なのか?って、少年少女不安だよね(笑)。それに少し辺りが見えてくる頃になると大人までが三角関数なんて社会で必要ないじゃん!!」とか鎌倉幕府がいつできたって誰得!?」騒いでるのが聞こえてきて鉛筆握る握力<スッ>と抜けちゃうんですよね(笑)。でもそんな雑音には耳を塞いで「あ”~~~ッ!!」って言って聞こえないようにしましょう(笑)。皆さんがガッコでやってる勉強は絶対に無駄にはなりません。これは経験者…って言うか失敗者保証します(笑)。何故ならもっと勉強しときゃ良かったと思ってるからです。

おっちゃんになった今、出来る事ならもう一度ガッコで勉強したいと思うもんね。リタイヤしたらマジガッコ行こうか悩む程に…。訳が分かんなくても取り敢えずやっとくか…でいいので勉強できる時に勉強するのがいいです。初等教育国語、算数、理科、社会だっけ?僕らはそこで考える事基礎を学んだんだと思います。何でもそうだけど何だか分からないけど続けていると「辛い」「楽しい」とか「面白い」に変わる潮目みたいなものを感じる筈です。「勉強」もそうなる頃には「学問」に変わってますから、ガッコでは「勉強の勉強(=練習)」と是非とも向き合って下さい。絶対に後悔させますので…(意味深)。

でもそれで不安払拭できると思わないので、先に種明かしをすると…ですね。社会に出て何が必要か?と申しますと、「主体性」とそれにちょうどバランスする「協調性」です!!<キリッ>えっ!?勉強とあまり関係なさそう…とな!?あー…失礼しました(汗)。確かに何の為に勉強するのか疑問に対する答えじゃなかった…これは僕が「論理的思考」きていなかったからだーッ!!!もっと勉強しとけば良かったー!!(リアルに後悔)。どうか皆さんはこんなダメなおっちゃんにならないように、ガッコでたくさん勉強していろんな事を暗記したり、たくさんの数字計算したり、多様な文章触れて下さい。

僕はそれが少年少女ドップリと浸かっている「勉強の勉強(=練習)」なんだと思っています。そして、いつか皆さんが心の底からそれが面白い(楽しい)と思える「テーマ」見つけられたらしめたものです。きっと、その時には「もっと勉強しときゃよかった!!」後悔できる筈です(笑)。人はいろんな経路「考える事」練習しているのであります。物事(課題)精査し、問題点見つけて、それを解決する(=回答を得る)。…「論理的思考」ができるようになる為に人は勉強をすると考えて差し支えありません。少年少女はその勉強をする為の勉強をしてるから先の見通しが悪く不安ですよね。

そして、それに輪をかけた形で不安になってるのが八丸なのです。突然、登場した出木杉五空のお陰で今は典型的な隠キャです(笑)。でもメタモルフォーゼなんて侍の一般的なスキルなんだからノウハウさえ知ってたら侍なら誰だってできるのに、八丸はいちいち学びが足りないから五空すごく難しい事をしてるように映ってるだけ。アンちゃん「生け花で己を表す」と言い八丸はそれも知らないし、聞く耳がない状態です。単に物事を考える…という事が出来ていないのです。僕なら先ず八丸ガッコ通わせますね。そこで物事を考える練習をして頂きます。師匠の達麻が全く機能していないので(笑)。

 続きまーす!!

サムライ8 八丸伝 第38話 アンと八丸と五空 感想⑥

「姫にとって
運命の侍は一人だけど
運命が必ずしも
”恋”に発展する訳じゃない

君と姫の間にあるのは赤い糸か
はたまた縛りつけた鎖か
どっちかなぁ?

ひとつ言っとくよ
恋は人がするものだ」(五空)

「兄さん…」(アン)

「そして恋は自由であるべきだ」(五空)

サムライ8 八丸伝 八丸は明らかにDQN(笑)。

「何でオレにくってかかる!?」(八丸)

「……

ボクに姫はいない
だから君のような何も分からない
侍を見ると我慢ならないだけだ」(五空)

「……」(八丸)

五空セリフ分析すると五空「論理的思考」八丸追い込もうとしてるのがよく分かります。例えば、「姫にとって運命の侍は一人」「恋は人がするものだ」コンボで、「八丸はちゃんとした人ではない(人としてちゃんとしてない)」から「ちゃんとした人(人としてちゃんとしてる)」五空アンちゃん恋をするべきだだから八丸はアンちゃんから手を引け!!五空八丸言いたいのです。それと並行して「姫にとって運命の侍は一人」だけど「運命が必ずしも”恋”に発展する訳じゃない」「八丸だけがアンちゃんと恋に落ちる訳じゃない(権利があるわけではない)」五空言いたいんですよ(笑)。

「論理的思考」には「A=B」「B=C」であれば「A=C」とする演繹(えんえき)的論理展開アプローチがありまして、五空はほぼほぼそれで八丸潰しに掛かっております(笑)。対して八丸「論理的思考」をする前の前の前の前のもっと前にいる…というか(笑)ですから、五空の論法筋道とか、演繹(えんえき)か、帰納(きのう)とか関係なく、自分の考えからし出力できない言語化すらできずにいて、自分の中に渦巻くもっと原始的で未分化五空に対する憎悪支配されています(笑)。五空知性のあるなら八丸です…(笑)。そしてそれが八丸に僕らが感じる卑屈さ正体なのです。

八丸にはどうしていいか(五空にどう相対すればいいか)分からないのです。八丸には論理的に物事を考える能力がまだ備わっていないので五空理路整然とした問いかけ応える術(すべ)がないのです。本当にぐらい違います。ここで八丸「論理的思考」ができたなら五空が認める「姫にとって運命の侍は一人」足掛かりにして「八丸はアンちゃんの運命の侍」であるから「五空は関係ない」(=邪魔はするんじゃねーよカス!!)と言えましたし、「(二人に繋がりは)赤い糸か縛りつけた鎖か?」問い「赤い糸も鎖も運命である」から「運命で繋がらない五空にはどちらも無い」言い返せたでしょう。

八丸思考そのものができていないのです。思考ができないから本能的五空忌避するしか手がない。かと言って剣技でも勝てず、その他の日常生活行動でも及ばない。全てにおいて敵わないのです。普通はそれ程差があったなら強い方が構わないものですが、五空八丸運命の姫存在するのが許せないのです。こんなに良く出来る自分姫がいないのに何でお前みたいなカスに…という気持ちなのです。ま…五空はそれを隠したりせずちゃんと八丸告げてますけどね(笑)。ここまで五空正論のみ八丸圧倒しています。八丸散体追い込むまであと少しです(笑)。でも五空言及しない事もあります。

言及しない触れていない事柄があるんです。それは八丸「引力」です。正確には言ってないんじゃなくて茶化しただけで踏み込まず放置しています(仲間の座標が分かるなんてすごいね八丸…次はどんな奴がボク達の…)。八丸「引力」八丸アンちゃん「運命」同じ五空にはどうしようもないアイテムなんですね。だから五空「運命」立ち向かわずに躱してるし、同じように八丸「引力」放置してるんです。五空がどんなに出木杉であろうと、それらは立ち入ることができない特別な領域だからです。五空自分が有利な部分のみを採用してて、不利な部分排除しているんですね。

八丸なんて議論の内容がどんなでも反論できないんだからテキトーに言いくるめられますが、それを五空がしなかったのは彼に良心があったからだと思います。自分の中の正義反してまで八丸勝ったとしても意味がない(それだと八丸否定した事にならないから?)のでしょう。五空憎悪一貫して八丸「チート」向いていて、それ以外の八丸の不備攻撃している点に注目すれば八丸五空どう闘うべきか?…というか、達麻の言う「本当の敵」見えてくるのですが、八丸過ぎて(笑)…「論理的思考」どころではなく「問題点の抽出」ができない…。だからあんなに目つき険しくなるんだなー(笑)。

 続きまーす!!考察って「論理的思考」訓練にはピッタリなんだよなー)

サムライ8 八丸伝 第38話 アンと八丸と五空 感想⑤

サムライ8 八丸伝 八丸の嫉妬が見てらんねー

サムライ8 八丸伝 八丸は小学校からやり直そうか…

サムライ8 八丸伝 五空も八丸に構ってる時点で心眼が足りぬ(笑)

五空とのマウント(=自分の優位性をアピールする事)の取り合いで、侍の本分とも言える剣術八丸ズタボロ負けたところで、達麻「八丸は本当の敵が見えておらん」吐き捨てましたけど、仮にも8パパ(フルタ博士)から八丸預かったんだから、達麻保護者みたいなものじゃーないですか?これまでもそうだったけど、達麻八丸下らない説明延々とするのに肝心な事何一つ教えてないんですよ。肝心な事…というか、当たり前の事人間が人間らしく在る為守らなければならない事。五空に対するあからさまな敵意。理性が全く効いていない感情の発露。ぶっちゃけ八丸近いんですよ。

ウチの犬の方が随分お行儀がいい(笑)。それは幼い頃にしっかりとレーニンしているからです。因みに僕はレーニングスクール愛犬通う度「犬のトレーニングの半分は飼い主のトレーニング」なんだと感じています。僕ら人間もそれと同じで、家庭では親や兄弟に、学校では先生に、地域では近所のおっちゃんとおばちゃんあれこれと教えられ「社会性」というものを獲得して行きます。八丸のようだ…ウチの犬以下(笑)…と僕が感じるのは、そう言ったレーニン受けていないからだと僕は思います。八丸には先ず「社会性」身につけさせなきゃダメだわ…と書いてて気付きました。

「社会性」とは大きくは「自己形成」「社会化」分解できまして、「自己形成」によって「年齢相応に物事を理解し自分で考え判断して行動できる力」を得て、「社会化」によって「自分の判断や行動をまわりに受け入れられるような形で表現できる力」を得ます。僕もそうだったし少年少女だって、それら二つのスキル(自己形成+社会化=社会性)家庭や学校や地域過ごす中知らず識らず獲得してきたなのであります。よく考えてみたら八丸になる前は生命維持装置に繋がれて家から出れずに居ましたし、になった後も達麻と一緒に居るには居ますが何ら教育を受けてはいません。

八丸の世界倫理観いい加減なのはこれまでの描写でよーく分かりましたけど、僕らの社会における一般的な常識照らしてみて、八丸教育を受けていない状態というのは倫理観云々の前に犯罪行為です(笑)。になる前は身体・医療的な理由学校通えなかったけれど、になってからは自由動けるようになったんですから最低限、「社会性」獲得する程度の教育受けさせなければならないと思います。それができない状況にあると言うのであれば、保護者相当する達麻八丸をしっかりと教育する義務があると思います。これはもう達麻パクられてもいいレベル児相(児童相談所)案件であります!!

八丸学び少なさ故「社会性」がなく、問題(課題)取り組み、筋道を立てて答えを導き出す「論理的思考」侭(まま)ならない…という点においては「被害者」でもある訳です。しかし、それを達麻目の当たりにしても「良い弟子を連れてきてくれた」とか「八丸の試練にはもってこいだ」とかほざいてて軽ーく殺意芽生えました(笑)。この糞猫相当なダメ師匠ですね。そんなだからアタさんだってアンタから離れて行ったんじゃーないですか!?と思いますが、いつだったかアタさんにも「勇を失ったな」と言って責任転嫁してたし、これまでの描写を見る限り自分の失敗に対する反省全くありません。

「侍の前に
ちゃんとした武士であるべきだ
そして武士の前に……

サムライ8 八丸伝 五空の言葉は正論で何も間違ってないんだけど…。

ちゃんとした人であるべきだ」(五空)

五空八丸に言うのはド直球のド正論返す言葉がありません。恐らくこの世界の初等教育(義務教育)は武士隊担っているのでしょう。五空もそういう道筋を経ていろんな研鑽積んできた筈です。しかし八丸にはそういうキャリアが全くないから何も学べない訳ですが、それって八丸の責任ではないように思います。糞猫…もとい…達麻が今は保護者なんだから、五空の言葉というものは達麻にこそ向けられるべきではありますまいか?きっと、それすらも五空には認識済みで、何の努力もなく、何の教養もなく、何の力も持たない八丸めんこい姫が居る…「運命」憎らしくて憎らしくて仕方ないのです。

それには一定の理解(同情)ができますが、同時にその一線を超えてしまう五空にも少なからず未熟さを感じます。ここまで完璧に見えた出木杉くん五空ですが、実は八丸それ程変わらない不完全な存在なのです。これは50歩逃げた兵隊100歩逃げた兵隊笑うアレであります。しかし、八丸にはそれが分かる術(すべ)もなく、達麻義務放棄した状態でお茶を啜っていますから万事休すであります。八丸「無知」獣レベル(=ウチの犬以下)なんですから自分では立て直せません。僕だったら何もかんも捨てて家出しちゃうかなー。ダメダメな環境リセットするにはそれっきゃないものね。

 続きまーす!!(次は「論理的思考」から八丸今後を考えてみましょう!!)

サムライ8 八丸伝 第38話 アンと八丸と五空 感想④

「おい五空!」(八丸)

「何です?」(五空)

「飯の後
オレの訓練に付き合えよ!」(八丸)

「……
いいですよ」(五空)

「ひとつ言っとくが
運命の姫は運命の侍に付くもんだ!

で…オレがその運命の侍だ!」(八丸)

「ここは負けられねーな」(三打)

「ニャン!」(早太郎)

「!?」(八丸)

サムライ8 八丸伝 テロメア(TA)値が下がる…定期。

<ズバ>「運命が何だって?」(五空)

(速っ)(八丸)

「五空…強いな」(竜)

「見てなんね…」(三打)

<ダッ>「は…八丸くん!」(アン)

「結果を聞くか?」(花一)

「よい
八丸は本当の敵が見えておらん←何で教えないの!?

よい弟子を連れてきてくれた
八丸の試練にはもってこいだ」(達麻)←丸投げかよ!!

映画『IT/イットペニーワイズ子供食べちゃう!!と一個前で書いてしまったけど、正確には子供の心食べちゃう!!みたいです。でも、映画を見る限りペニーワイズには実体があって、どつける(=ぶん殴れる)お化けっていうのは正しいので、食べちゃう!!って言うのは、子供ら怖がって死ぬ様味わっている…みたいなのかな?とも考えられ、逆に怖さ増しました(汗)。しかし、相手に実体があるって言うのであれば、拳の固い方が勝つと思うので取りつく島が生まれます。それにどんな手を使ってもどんな事をしても咎めもないと思いますので、そりゃもう全力で行かせて頂きますんで(笑)。

結局、何で「怖い」のかと申しますと、相手が何なのか?分かんないからです。映画『IT/イットの作中でも子供らペニーワイズ正体を知ろうと過去の事件を調べてみたり、事件の発生した場所地図上に示して分析したりしてましたっけ。子供らなりに考えて行動してたんですね。そして、そこで示された子供ら主体性こそがペニーワイズ追い詰めて、結果、ペニーワイズ正体肉薄するんです。正確には完璧物語の謎解明された訳ではないようで、第1作目に続く続編にして完結編(ネットで予告編を観たけど面白怖かったですが…)が公開されて、そこで全ての謎解き明かされるそうです。

でも、僕には映画館ヒソヒソ話エンドロール放棄トラウマがありまして、金ローでやるまで観れないと思いますけどね(笑)。何故だか昔からレンタルビデオを借りて映画を観るというのができなくて、同じようにネット配信というのも手が伸びません。それに他にも映像コンテンツ沢山あるしねー。僕は深夜アニメ毎クール欠かさずチェックしてて録画でしっかり鑑賞しています。それにTVドラマ楽しみにしててちゃんと録画して面白いのは何度か繰り返して味わっています。今のクールいい作品がないけど、少し前の義母と娘のブルースどハマりして毎回、泣きながら観ておりました。

きっとそれらを観るだけで部屋にいる時間満たされてわざわざコストを掛けて映画楽しむまではしないのかな…と思います。それに基本、ながら族なもんで余程の事でもない限りTVに齧り付くというのはありません。だから、それをさせた映画『IT/イットよく出来た作品だったのだと思います。そして、きっといつか金ロー『IT2/イット2・THE END』放映されると思うので楽しみに待つことに致します。でもロードショーでもそんなに話題になんなかったから一作目の衝撃はなかったのかも知れません。一作目は予告編のTVCMからして…毎回、背筋<ゾッ>っとしてめっちゃ怖かったもんね。

僕も一作目納得しちゃってもしも本当ペニーワイズが現れたらその時は本物の地獄見せてやる自信があるので、全く怖くない(笑)。それは一応相手の正体を知ったから…というか、安心しちゃってるからなんですよね。相手が何だかよく分からないから「怖い」んであって、ネタバレしちゃえば大概の事何とかなるものです。大切なのはそれに至る為論理的思考なんだと、僕は考えるのであります。そして、子供らがそれに気付けるように日本では義務教育の期間設けられている訳です。少年少女こんな事をして何になるの?(意味ないよ!!)思ってるでしょうが、全て論理的思考の訓練みたいなもんなんですわ。

そういう風に考えながら、再び『サムライ8 八丸伝』の中でジタバタする八丸目を移すと、ちょっと趣き変わるんじゃないかと思います。突然、アンちゃん自分の前に登場したペニーワイズの如き五空に対して、八丸どんな行動を取るべきなのか?それを八丸がどのように論理的思考導き出せるか?肝心なのですが、どう見ても八丸義務教育に相当するような教育を受けてませんよね。この場合は師匠である達麻八丸考える事の大切さ仄めかす必要があると思うんですが、達麻は何の危機感もなさそうです。「八丸の試練」とか言っちゃって五空丸投げするのが見え見えですもんねー(笑)。

師匠としての達麻弟子「運」任せ過ぎに思えますが、少々の事で死んだりしませんからこんな感じていいんですかね。逆に五空バランスが取れててよく出来る子だと思います。これは花一さん教え良かったのか?侍なる前ちゃんとした教育受けられたからか?は分かりませんが、物事に対する考え方苺ちゃんの言うように「差がありすぎ」ますよね。金剛夜叉流剣技(免許)ダウンロードができるんだから、基本的な教養ダウンロードすればいいじゃん!!と思うんだけど、実際には侍の下部組織武士隊基礎な教育成されるのかも知れませんね。八丸引きこもりだったのが痛いです。

フルタ博士科学者なんだから、八丸教育には気を遣ってたと思います。取り敢えず、日常会話読み書き(メールのやり取りがあった)は問題なさそうだけど、道徳までは教えなかったのかも(笑)。八丸人間的問題多過ぎです。それに人生経験侍ゲーだけとか、この先どうすんの?!ってレベルのヤバさです。そんな子によりにもよって超難関女子の扱いマスターさせようって言うんだから、一所懸命勉強していい大学出たのに彼女いない歴=年齢男子達プラカード持って集英社の前でデモしないか心配になる(笑)。えッ!?大丈夫!?読んでないから!?…って、そんな身もフタもない…。

 続きまーす!!

サムライ8 八丸伝 第38話 アンと八丸と五空 感想③

「あーーー!
訓練 疲れたーーーー!!
お腹空いたな!」(八丸)

(今日は何を
アンに作って貰おうかな?)(八丸)

「ねェアン
今日は——<スッ…>
!」(八丸)

「こっちの船には
色々な食材があったからつい…
勝手に使っちゃって…
大丈夫だった?」(五空)

「う…ううん全然大丈夫
作ってくれてあ…ありがと」(アン)

「……」(八丸)

<モグ>「うむ
うまい」<モグ>(達麻)

「お…おいしい!
こ…今度作り方を教えて下さい」(アン)

「もちろん」(五空)

「八丸なぜ食べない?」(竜)

「おい…意地張るなって…!」(三打)

「別に腹減ってないから!」(八丸)

僕が絶賛する映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり』ですが、ネタバレになるので未だ観てなくて更の気持ち作品を楽しみたいと考える方は読まないように薄目で(笑)。ざっくりですけど、ある街でお化け?のピエロ子供達を攫って殺しちゃう!!(食べる?)っていうお話で、その犯行冒頭でいきなり登場して出鼻を挫かれます。そして、自分達の周囲で起こる不可解な事件疑問を持ち立ち上がる子供達が居て、彼らお化け?のピエロとの闘いを描いています。お話の後半で子供達のグループ紅一点ピエロ攫われて姿を消すところからお話が大きく動いて、そのまま怒涛の展開ラストを迎えます。

まー怖いの何のって…アワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ…独りじゃーとても観てらんなくてズーッと犬を抱っこしておトイレにも一緒に行って貰いました(笑)。その、お化け?のピエロ(ペニーワイズ)が兎に角怖いんです。あの『リング』ラストテレビの画面から貞子が出てきて<ギロリ>こぼれ落ちそうな眼球露わになった時の<ゾワリ>ペニーワイズが出て来る度に押し寄せてくる感じ。画面越しに観てるオッチャンがこんなに怖いんだから劇中の子供らもっと怖かったんだろうなーと思います。ペニーワイズ子供ら怖がらせるのは恐怖で子供の味が上がるかららしくて、尚更怖いじゃないですか(笑)。

しかし、子供らはここで「恐怖」というものの本質に迫って行くんですよ。この部分の子供ら心の強さ柔軟さが僕には頼もしく感じられました。尚も襲いかかるペニーワイズ子供らなり歯向かって行くのね。具体的にはそこら辺に落ちてる鉄パイプとか瓦礫ペニーワイズボコボコどつき回すんです(笑)。それで…えッ!?お化け?のピエロ…ペニーワイズって殴れんの!?→何だ、殴れんじゃん!?ってなって、これはNARUTO -ナルト-トビ(オビト)だわ…と、ナルト経験者としてはピンと来たのであります。ペニーワイズ子供ら殺して食べてたんだから実体がなきゃ話になんないじゃないですか。

サムライ8 八丸伝 これってコラじゃないんですか!?というコラでーす!!

それに子供ら気付いちゃうんです。ペニーワイズ子供ら怖がらせるにしても所謂、一般的なお化けであったなら触る事ができない霊体みたいなものなんだから、物理的な被害こっちが与えられないようにその逆もまた無いんです。よーく考えると分かるんだけど、実際ペニーワイズみたいなお化けが目の前に現れたら怖いです。でもそれが相手の思う壺だと分かれば何て事なくて、怖がらなきゃいい訳だー。問題相手がこっちに物理的な攻撃をしようとした時で、その時は背中向けて逃げない闘うべきなんですよ。子供らペニーワイズとの闘いの中で悪戦苦闘するけど最後にはそれに気付くんです。

そうなったらアメリカンな子供達ですからね。そりゃもう遠慮なしペニーワイズボッコボコにしちゃうんです。それで最後にはペニーワイズ退けて生還しちゃう…っていうお話です。結局、相手の正体が分からないから「怖い」と感じていた…だけなのね。だから、子供らペニーワイズしっかりと見て、ペニーワイズという「恐怖」本質見極める至ったのです。彼ら「恐怖」克服したのです。「幽霊の正体見たり枯れ尾花」と申しまして「怖い、怖い」と思っていたらススキの穂だって怖く感じられるんですね。本当に怖いのは実体化したお化けなんですが、逆にこちらからも攻撃できます。

これ以降、僕も実体化したお化け出て来てくれないかなーと楽しみになりましたー(笑)。そしたら遠慮なく行けますもんね(笑)。そう考えると全然怖くないから不思議です。僕もこの作品「恐怖」打ち勝った一人なのです(お化け耐性ですけど)。それでこのペニーワイズ『サムライ8 八丸伝』では五空なんだと、僕は感じたんです。一個前のお話苺ちゃん心眼をして「差がありすぎるもの」言わしめた時には五空正に雲の上から八丸を見下ろし触れる事すら出来ない存在だったのが、今話では八丸同じ地平に降り立って八丸ちょっかいを出しています。五空実体伴った訳です。

サムライ8 八丸伝 五空はここでヤメときゃ良かったのにね(笑)。

外連味たっぷり八丸周り自分誇示する五空凡庸(ぼんよう)さすら僕は感じました。確かに五空多才に何でも卒なくこなせるタレント(才能)の持ち主ではあります。でも、それは「知っているか知らないか」程度の違いでしかなく、八丸だって時間を掛けて仕組みを理解し練習すれば何とかなる問題なのです。それに関して五空一切触れませんが、八丸「無能」なのではなく「無知」なだけなのです。八丸には五空映画『IT』において子供達「恐怖」するしかなかったペニーワイズのように映っているのでしょが、五空自分「それ程違わない」と、早く気付くべきなのです。

 続きまーす!!(『IT2』も観たくなってキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!)

サムライ8 八丸伝 第38話 アンと八丸と五空 感想②

『八丸殿から受け取った
鍵の地図をモニターへ投影
地図上の鍵の座標に向かって
出発します』(洋犬AI)

「仲間の座標が分かるなんてすごいね八丸
次はどんな奴がホク達の仲間か楽しみだよ」(五空)

「馴れ馴れしくなくて
少し無口な奴がいいね
今度は!」(八丸)

「そう?
ボクは社交性があって
皮肉を言わない奴がいいな
今度は」(五空)

サムライ8 八丸伝 ハチマルでは竜の雰囲気の変化に注目してる訳だ!!

「竜
あいつらどう思う?」(三打)

「どうって?」(竜)

「いや
あの五空ってのと八丸」(三打)

「すでに打ち解け会話してる…
2人ともいい奴だ」(竜)

<ゴオオオオオ>

「皆いい奴か…
それもいい」(三打)

いきなり余談から入っちゃいますが、僕は映画館すごく苦手です。その為、映画嫌いじゃないんだけど映画館鑑賞する機会はほぼありません。何で映画館苦手かと申しますと、映画最中ヒソヒソ話し<ガサ><ゴソ>物音が聞こえて落ち着かないからです。それに最近は上映中スマホを見てる不埒者も居るそうでスマホ光害」とか何とか言われてるんですよね(行ってないから)知らんけど。極め付けはエンドロールになると席を立って出口に向かう人が多くて…エンドロール(←ここまでが作品だよ!!)で作品の反芻をしている僕にとってはこれは致命的で、自然と映画館には行かなくなってしまいました。

映画館はやはり大きなスクリーン音響魅力です。それに安くはない料金を支払ってわざわざ映画館出向いて作品鑑賞する事には一定以上の意味があるように思います。作品に対する興味は勿論として(ちょっと言い杉だけど)自分を追い込んで作品に集中する環境を作ってる訳です。それと意外に「字幕」というのが作品に対する理解を深める効果が高いです。セリフ(耳)ではなくて文字(目)で認識しますからね。僕が岸本先生作品セリフ書き写し考察するのと一緒です。あれは僕にとっては「写経」ですから!!ま…そんな訳で、映画館には映画作品真摯に向き合う為の条件揃っているんです。

しかし、それは僕の嗜好であって他の人には強要できませんし、ヒソヒソ話しなんて明らかなマナー違反に対して注意したとしても「お前がうるさい!!」と言われてしまいます(笑)。ただ上映中スマホを観る人本当に居るんなら(信じられないので)、その人は病院行った方がいいかもね。薬物中毒一緒だから。僅か2時間程同期の飲み会でもタバコ我慢できない奴が居ます。人の迷惑とか思い遣りよりもタバコ優先される悲しい現実は、それはもう…脳の変質意味しています。それと同じで高々2〜3時間、スマホをオフにできない人脳がどうにかなっています。今すぐに然るべき医療機関赴き然るべきDr.相談して下さい(笑)。

かと言って、僕も配信サービス映画作品賞味する程のファンでもないので、もっぱら金曜ロードSHOW!(日テレ)のお世話になって居ります(笑)。ぶっちゃけTVっ子なもんで僕の書斎(パソコン部屋ですな)には二つのモニターTVモニター横一三連で並んでいます。木工の趣味を活かし床と天井に突っ張る(ディアウォール)大げさなAVラックを自作して、そこに電源からHDゴニョゴニョした配線諸々をパッケージしています。そこで大概はいろんな物書きながらTV観たりします。僕が少年の頃はそれを「ながら族」と呼んでいまして、あの頃は深夜ラジオどハマりするところからみな似た感じに「ぬかるみの世界」ハマってたという…。

※説明せねばなるまい!!「ぬかるみの世界」とは…正確には「鶴瓶・新野のぬかるみの世界(つるべ・しんののぬかるみのせかい)は、1978年4月9日から1989年10月1日までラジオ大阪放送されていた深夜番組」(Wikipedia引用)。笑福亭鶴瓶さん放送作家新野新さん伝説深夜放送である!!美空ひばりさん話題新野新さんゲストで出演した甲斐バンド甲斐よしひろさん一触即発刃傷沙汰になりかけたのは今はいい想ひ出…(笑)。「おさせ」から国内国際政治問題まで幅広く取り扱ったラジオコンテンツであり少年ケルベロス情操の多くを培った知の運動場でありました。なつかしーッ!!

ま…未だ「ながら」「ぬかるみ」ハマってまーす!!というのを説明する為の引用ですけどね(余談の余談が長いぞーッ!!)。それでこの余談で何をお伝えしたかったのか忘れそうになったのでお話を戻しますが(笑)、つい最近(もう去年のお話になりますが)、『IT/イット “それ”が見えたら、終わり』というホラー映画TV初放送されたんです。僕は怖い映画あまり観ないんですけど、これは何故か観ちゃったんですよね。日本語の吹き替え版の上、CMだらけツギハギでしたけど、これがすっごく良かったの!!監督が僕の大好きなスタンド・バイ・ミー(原題: Stand by Me)と同じ作品を観てて「あ”ーッ…」と思いますた(笑)。

あのティーヴン・エドウィン・キング(Stephen Edwin King)さんだったんだもの!!だから件の『IT』「ホラー映画=怖い」だけの作品じゃなくて子供ら心の成長描いてるというか、子供らがこの作品を通して少し大人になる過程主軸に、何が「怖い」(恐怖って何な)のか?の問題提起から、それをどう克服していくか?丁寧描いていました。それ以外にもちょっぴり甘酸っぱい感傷友情などもしっかりと盛り込まれていて素晴らしかった!!で…その上でしっかり怖いから…必要以上に怖いから大したもんですわ(笑)。それで作品があまりにも面白くて&怖くて!!「ながら」「ぬかるみ」浸かっている僕も画面に齧り付きますた…と(笑)。

未だ観てない人が居らさったら、是非とも観て欲しい!!できれば字幕版で!!と想ひます(その前にスタンド・バイ・ミーを観とくって手もあるある)。それで何でこんな余談から入ったかと申しますと、『IT』ネタバレを含むので非常に書き辛いのですが、もうかなり前の作品ですんで許して頂けるものと判断しまして…今話での五空さん外連味たっぷり八丸への接し方が、一個前のお話(好敵手)から一変していると感じられて、それが『IT』お話の落とし所極めて似てる希ガス…となったからであります。それが子供達闘った「恐怖」の正体なのですが、長くなりましたのでここで一旦、置かせて下さい。

 続きまーす!!(今回はお話がアレなのでケルベロスのエッセイ風の仕立てでーす!!笑)

サムライ8 八丸伝 第38話 アンと八丸と五空 感想①

サムライ8 八丸伝 どれだけ待てばいいのですか?AH…届かぬ愛を〜ォ!?
「再会が楽しみだよ
八角(アタ)

アタさん龍の鑑(ふね)から提供された(よろい)からアタさんフェードアウトしてるですかね…。扉絵一番後ろ白い骸骨のようなのが(ふね)でアタさん直ぐ後ろにあるのが(よろい)だと思います。アタさん達麻洋犬花一さん白兎(仮)と同じくらいの大きさのようなので横綱でしょう。「達麻VS弁形」横綱(洋犬)と親方級(鬼若丸)で大きさは変わらない提示がありましたので、恐らく大きさ上限だと思います。でもこの大きさになるとMSモビルスーツ)か、下手したらMAモビルアーマー)みたいで最早…である必要性薄れている気がします(笑)。

暫くチャンバラの描写がなく、横綱戦闘(第28話)なので忘れちゃったけど、操作系はコクピットコントロールスティック(FBW/フライ・バイ・ワイヤ)を握る形式ではなく侍の体纏わりつくうどんのような(笑)触手を介して神経接続操作しているものと思います。そうすればとしての体技がそのまま操作に反映されるので剣術とは別に鎧(MS・MA)の操作習得する必要がないので捗ります(笑)。しかし、この世界…どんなに難しいスキルであってもダウンロードしてステータス値要件を満たせば速攻解決するので、その辺りはあまり気にする必要はないですね(笑)。

実際のFBW(Fly by wire/フライ・バイ・ワイヤ)での操作において、コントロールスティック操縦者パイロット)の操作圧力のみを感じ取って無可動だったものが、それだとパイロットフィードバックがなくて力の加減ができずストレスが大きかったので若干のストロークを持たせたり、操作デバイスからの擬似的な反応付加するように味付けされた筈で、侍の剣術鎧化(MS・MA)した時の連続性重視するならばうどんの触手に繋がれた状態でジッとして神経接続のみで操作するんではなくて、機動武闘伝Gガンダムコクピットみたいにしたらいいんじゃないでしょうか。

ただ、これをもっと進化させれば神経接続のみ身体の動きへのフィードバックですらVR(仮想現実・バーチャルリアリティvirtual reality)で脳内映像として展開して反映されれば問題ないです。作中もきっと実際はそういう風になっていて、更にその上にAR(拡張現実・オーグメンティッドリアリティ/Augmented Reality)も盛られて随分と快適闘えてると思いますが、この辺の描き込み薄くてよく分かりません。こういう所を上手く描いて、それに科学的な根拠添えるのが「SF」だと思うので、僕らが何かと「説明、説明」五月蝿いかと思いますが、負けずに描き抜いて欲しいと思います。

ところで、アタさん八丸(八角再会する気満々ですけど、先の「ふざけたマネを編」(笑)でも八丸のところにアタさん到着するのに3話くらいかかって非難轟々じゃなかったっけ(笑)。どっちかと言うと「ゆっくりとでよい編」だったよな結果的に(笑)。あのままアタさん永遠宇宙を彷徨って最終回でいいよ!!もう(笑)な気分だったのを想ひ出して目頭が熱く…なりませんでしたので、是非とも早急八丸再会して貰いたいんですが、お話は何やらブコメNTR様相を呈して参りまして予断を許しませんΣ(*゚Д`;)ア…ア…アッハァァァァァァァァ?!!岸本先生は一体…何を描きたいのですか?!

ここから八丸アンちゃんとの関係性足掛かりにして他者に対する思い遣りとか、それこそ「愛」というものに目覚める(のか)!?というお話になるかと思うんですが、そんな一朝一夕成るようなお話でもないと思うんですよ。僕らだって愛情を注がれてヨチヨチ歩きで転んで、それでも立ち上がり…っていうところから始まって、いろんな物事に触れていろんな経験を積んで出来上がってきたのをチョチョチョッ描いて「出来ました!!」ってされても納得できない…っていうか、八丸みたいなクズがどうやったら真っ当な人間成れるのかがイメージ出来なくて…気が遠くなってきますたー(笑)。

 続きまーす!!

サムライ8 八丸伝 第37話 好敵手(ライバル) 感想⑦

「お…驚いたけど
花一さんも五空さんもいい人そう
イ…イチゴちゃんもカワイイし」(アン)

「…あの犬の師匠っぽい人はいいとして

あの弟子の方はどうかと思うけど!」(八丸)

サムライ8 八丸伝 アルカイックスマイル乙。

苺ちゃん八丸五空ややこしい事にはならない断言できたのは八丸五空レベルが違い過ぎるからです。苺ちゃん心眼によって八丸五空本質がしっかりと見えているのでしょう。八丸アンちゃん「運命」という特別なプログラム繋がっているから五空にはどうにもできません。確かに五空はそれを羨ましく思ってはいますが、今ここで五空が何をしようと意味がないのでそれ以上踏み込まないのです。しかし、八丸悲しいくらい何も持ち合わせないスカスカな子だから、明らかに自分より出来のいい五空アンちゃん奪われそう不安で仕方なくて、それが五空への敵意全振りされています。

もし本気五空アンちゃん欲するならば何もせず八丸自滅するのを観ていればいい訳で、そういう五空の態度が更に八丸不安に陥れるスパイラルが生じます。五空があからさまな八丸の敵意に対してアルカイックスマイル応えているのは最悪、その程度の保険掛かっているからです。もっとも、五空がそこまでゲスな手札切る必要がないくらい多くの選択肢残していると考えるべきでしょう。それに対して八丸自分を五空とを比べている限り不安や劣等感苛まれ続けます。比べようもない程の差。同じ土俵、同じ地平居ない二人好敵手(ライバル)ですらない…それが苺ちゃんには見えているのです。

これもう…五空主人公にして「五空伝」にしちゃえば!?って思ったりもしますが、それだと余りにも救いがないので、八丸には是非とも研鑽を積んで頂いて…(笑)。ところで花一さん八丸の存在意義(アタさんの足止め役)を速攻見切った辺り達麻より上位の心眼備えている筈で、そういう師の下で修行し研鑽を重ねたから今の五空在る訳で、達麻だって本気出せば八丸より高みに導けると思うんですが、それができない…というか、達麻敢えてしないのは八丸単なる道具としか感じてないからだと思います。それに対する花一さん指摘達麻黙して語らないのが腹黒過ぎて辛いです(笑)。

(金剛夜叉流——)(アタ)

サムライ8 八丸伝 別の漫画に迷い込んだかと焦った…

「!!」

(十字斬り)<ズバ>(アタ)

「二角から七角はどうだ?」<ズズズ>(アタ)

侍魂の回収終わりました』(解析AI)

サムライ8 八丸伝 ところでオッチャンは誰!?っていうのが多いです。←ところでオジさんは誰!?

「!!」(これは…候剣!!)

「くっ!」

「回復できぬっ!!」

「ホルダーを戻せ
…オレもこいつらの侍魂を回収する
その後すぐに八角を追う!」(アタ)

<ズズズ>

『はい承知しました』(解析AI)

そんな和気藹々(?)な白兎(仮)歓談からアタさんサイドスイッチしちゃって、アタさん(金剛夜叉流——)詠唱では何が何だか分からなくて何度か頁を行ったり来たりしてしまった(汗)。突然、登場した2体のロボット何なのか分からなくて、漫画を間違えた?!と焦せりました。まさか宇宙戦艦ティラミスですかー!?のユニバース感覚に包まれて陰毛と話を始めそうになりますた(笑)。でもこれはアタさん達角弾頭でぶち壊した三つの惑星の守護侍(星位大将軍)じゃないかと思います。アタさん龍のキーホルダー(艦)支給する侍の鎧大きさ比較するとこの2体横綱なので(適当)。

アタさんはそれを金剛夜叉流・十字剣瞬殺したんですね。しかも、候剣のオプション付きで…。これは先の花一さんが(心眼で)見破った八丸の足止め役というものをアタさん側から肯定する意味合いが強かろうと思います。それに岸本先生「候剣は忘れてませんよー」というアナウンスもありーの、アタさんだってこの候剣達麻から教えて貰った(正確にはダウンロードだがな)んだろうし、当然、達麻候剣が在る事をアタさん知り得るというメッセージと捉えられます。しかしただそれだけの為斬り刻まれた星位大将軍にももう少し誠意<プッ…>を示してあげて欲しいという想いもあれど弱いんだから仕方ない(笑)。

ところで、アタさん達惑星破壊征夷大将軍らは衛生軌道上で惑星を守護していたので被害を免れたと考えます)して侍魂を集めているんですね。アタさん星位大将軍(?)の侍魂をしっかり回収していくようなので、余程大量侍魂必要なのでしょう。そして、それはカーラさんオーダーという事が分かっていますので、カーラさん手下に集めさせた大量の侍魂を使って何かをしようとしているのだと思います。侍魂竜(軍荼利流)描写複数の侍魂「融合」させる事が可能なのだと思います。それをもっと巨大な侍魂製造してカーラさん真剣化するというんですかね。

それか…アタさんが前にやった自性輪身カーラさん複数同時でやってクローン部隊を作っちゃうとかね。自性輪身侍魂にしてh粒子をそれに纏わせて分身体を作る技術です。アタさん自性輪身は八丸の住んで居た惑星の衛星である無雲黙斬り真っ二つにしちゃったんだから、それをカーラさんで、それも複数作られたら相当ヤバイです。ちなみにロッカーボール人間原料にして侍魂生み出す装置みたいなもので、これは想定の範囲逸するものではなく、カーラさん自性輪身を作る為に一個の侍魂では足りなくて複数融合してデカイの作る必要がある可能性はそんなに突飛でもないですね。

ところで僕は今話のタイトルである「好敵手(ライバル)」っていうのに凄く引っかかってまして、今話に登場したキャラで「好敵手(ライバル)」と言えるのがギリギリ、達麻と花一さんくらいで、それも描き込みが薄く第1話キャラとセリフ今話重ねただけ薄っぺらい仕掛けでしかなくとても残念でした。八丸五空対比最後のアタさんの登場もあまり参考にならないと思うし、ぶっちゃけ余計だったので、それだったら千ちゃん五空しっかりとぶつけて、その結果として花一さん変節達麻感じ心を通わせる…という風な流れにすべきだったと僕は思います。折角の大ネタが…。

この物語では「大切なものほど目に見えるところにはない」から、それを見抜く「心眼」養いましょう!!というメッセージがあると思うんですね。しかし、岸本先生はと申しますと、コマ割り読者スリードするとか、「義を見てせざるは…」とか「武士道とは死ぬ事と…」なんていうセリフテキトーハメ込んだだけで、物事の本質一歩も踏み込んでません。どっちかと言うと上っ面の描写終始してて文字通り上滑りしているんです。つまり誰も大切なものを探していないんですよ。これじゃーお前ら何やってんの?!って事になりませんかね。のんびり茶啜ってる場合じゃない!!と僕は思いました。

 サムライ8 八丸伝 第37話 好敵手(ライバル) ハチマル ケルベロス